地域に活力を!元気を!を目的として、全国の地域広告会社が集まる協会です。

ピックアップ

2020年01月06日
第4回JLAA地方創生アワードのエントリーがスタートしました。

本日、1月6日、第4回JLAA地方創生アワードのエントリー受付が始まりました。

今年で4回目となるJLAA地方創生アワードは、JLAAの会員社が、地方自治体(都道府県と市町村)から受託する事業の中で優秀な取り組み事例だと思われるものをエントリーし、JLAAが、所定の審査を経て、広く社会に共有すべきと考える事業を選び、表彰するというものです。

詳細はこちらで。会員社の積極的なご応募を期待します。締め切りは1月31日。

昨年の第3回の最優秀賞は以下の3件でした。

左から、北海道恵庭市、岡山家真庭市、鳥取県の受賞記念写真。

<受賞者コメント>
=北海道恵庭市=
この度は、地方創生アワードの最優秀賞ありがとうございます。恵庭市では、台湾からの訪日教育・修学旅行等を促進する事業を行っており、受託者である株式会社インサイト様には観光商材のルート化からホームページの作成などの情報発信等の業務を支援して頂き、市が目指す台湾からの教育旅行の誘致やインバウンドの推進の一翼を担って頂きました。今回の受賞を励みに、今後も恵庭市の魅力を発信する取組みを促進していきたいと思います。

=岡山県真庭市=
ごみ問題に関心を持ってもらうために話題となるようなインパクトのある PR 手法を考えました。モニュメントは真庭市出身の現代アート作家「淀川テクニック」に依頼。地域の団体などと協力して市内での移動展示や、瀬戸内国際芸術祭 2019 との連携など話題づくりも行って、ごみ問題だけではなく、真庭市の PR にも活用しています。今後も「ちょっと変わった」PR 手法を考え、ごみ問題を分かりやすく伝えていきたいと思います。

=鳥取県=
すばらしい賞をいただき、誠にありがとうございます。「肉質日本一」の評価を受けた鳥取和牛、「星取県」の日本一の星空、収穫
体験など「農泊」を掛け合わせて実施したグランピングプレミアムツアーは、参加者からも好評価をいただき、鳥取県の豊かな自
然と食の魅力が発信できたものと考えています。今後も引き続き、本県で開発されたお米のオリジナル品種「星空舞(ほしぞらま
い)」を始めとした「食のみやこ鳥取県」の魅力発信に努めてまいります。

2019年12月12日
第4回JLAA地方創生アワードの募集が年明け1月6日から始まります。

JLAA地方創生アワードは、2017年に創設され、これまで3回実施してきています。第4回の募集が2020年1月6日から1月31日まで行われます。会員社はエントリーの準備を始めてください。

JLAA地方創生アワードでは、JLAAの会員社が地方自治体から受託し実施した事業の中で、優秀な事業を会員社からエントリーして頂き、広くその事例を他の自治体にも共有すべきと判断した事業を実施した地方自治体を表彰しています。

多くのエントリー、お待ちしています。

→詳細はこちら(JLAA内サイト)

以下は、第1回から第3回までの最優秀賞です。
〈第1回〉

〈第2回〉

〈第3回〉

2019年05月24日
第3回 JLAA地方創生アワード!最優秀賞は北海道恵庭市、鳥取県、岡山県真庭市

平成30年度(2018年度)のJLAA地方創生アワードが決まりました。

【最優秀賞】
●北海道恵庭市(えにわし)
教育旅行等受入促進事業(対恵庭直接投資継続拡大に係る推進事業)

●鳥取県
プレミアムグランピングツアー in 空山

●岡山県真庭市(まにわし)
持続可能な廃棄物処理PR業務

【優秀賞】
●福島県
「ふくしまプライド。」県内発信事業 ふくしまの酒「車座夜会」

●群馬県
子育て情報冊子「しあわせぐんま」

→詳細はこちら(JLAA内サイト)